News & Topics

お知らせ・イベント情報

2024.04.22 イベント

「高校生SDGs/サステナビリティコンテスト2024」を実施します

(最終更新日:2024/05/09)

最新情報はこのようにオレンジ色でハイライトしています。

武蔵野大学工学部サステナビリティ学科は、2024年8月に開催する「高校生SDGs/サステナビリティコンテスト2024」に参加する高校・高校生を募集します。


2023年度に設置された武蔵野大学工学部サステナビリティ学科は、サステナビリティを名称とする日本初の学科であり、サステナビリティ学とその実践を「広める・深める」こと、あるいはサステナビリティに掛かる多様な取組みを「つなぐ・つながる」ことで、社会を変えていく役割の一翼を担うことを目指しています。

この理想に向けたアクションの一環として、サステナビリティに関心をもつ、全国各地の高校生を応援するコンテスト「高校生SDGs/サステナビリティコンテスト2024」を、昨年度に引き続き開催することにしました。

本ページの内容は暫定の情報であり、随時更新していきますのでご注意ください。

高校生SDGs/サステナビリティコンテスト2024

審査会

  • 開催日時:2024年8月5日(月) 13:00~18:00
  • 発表時間:1チームの発表時間は5分、質疑応答で5分とします。
  • 開催会場:オンライン(ZOOM)
  • 参加資格:高校生(または高等学校卒業程度認定試験予定者)であること。応募は個人かグループかは問わない。
  • 参加費:無料
  • コンテスト本戦参加チームの数:一次審査を通過できるのは、3部門各最大3チーム、最大9チームです。
  • 審査委員:サステナビリティ学科教員、さとゆめ株式会社、株式会社フジテレビジョンなどの外部企業の方々が参加予定です。
  • 表彰:下記に示した部門ごとの表彰、外部企業の協賛による特別賞あり。
  • 応募方法:下記の応募フォームよりお申し込みください。

表彰式

  • 開催日時:2024年8月24日(土)10:00〜11:00
  • 内容:表彰式の後、同日行われているオープンキャンパスにて、模擬授業やキャンパス見学会にご参加いただけます。
  • 交通費の補助:現在何らかの補助を検討中です。

高校生による、サステナブルな社会づくりに関連する様々なテーマに対する企画、実際の活動・研究の実績を募集します。

サステナブルな社会づくりとは、地域や企業等のそれぞれの現場においてSDGsの達成を目指すことであり、また環境・社会・経済の問題の同時解決や根本解決を図るために社会を変えていく取組みのことです。

応募部門一覧

応募部門と内容が決定しました。

部門内容
アイデア部門2050年のサステナブルな社会の理想とは何か、その理想をどのように実現していくか
活動実績部門サステナビリティやSDGsに関連して、これまで取り組んできた社会を変える活動の実績
研究実績部門サステナビリティやSDGsに関連して、これまで取り組んできた調査や研究の実績

評価基準

すべての部門の一次審査、コンテストを通じて、審査項目および評価基準を以下の通りとします。

評価基準内容
社会を変える斬新性社会を変えていくような斬新な内容が含まれているか
目指す社会の統合性環境・経済・社会の問題の統合的解決、あるいは同時解決、根本解決を視野に入れているか
社会を巻き込む協働性多様な主体(行政、企業、市民活動団体等)との連携や協働が重視されているか
分かりやすい訴求性プレゼンテーション/応募資料が分かりやすく効果的であるか

コンテスト本戦での規定・注意事項

検討中。決定次第ここにお知らせいたします。

開催スケジュール

日にち内容
2024年5月9日(木)募集開始
6月28日(金)募集締め切り
7月12日(金)一次書類選考結果のお知らせ(後日一次審査不合格チームへの文章によるフィードバックを送ります)
8月5日(月)コンテスト審査会・結果発表
8月24日(土)武蔵野大学有明キャンパスにて、表彰式

関連イベント

関連イベントを複数開催予定です。決定次第、お知らせいたします。

協賛団体・企業

株式会社さとゆめ

その他調整中

寄せられた質問と回答

コンテスト審査会に関する質問と回答

質問回答
Q. 昨年のコンテストにはいくつ応募があり、そのうちいくつが一次審査を通過しましたか?A. 2023年度のコンテストには36企画の応募があり、一次審査通過は8チームでした。
Q. コンテスト当日はどんな会場で行われますか?A. 今年はZOOMで行います。
Q. オンライン中継の制限などはありますか?A. とくにありません。どなたでもご覧いいただけます。

一次審査に関する質問と回答

質問回答
Q. 昨年度のコンテストについて知りたいです。A. 2023年度のコンテストの公式ページはこちらです。また、審査結果の写真レポートはこちらです。
Q. 一次審査に動画で応募できますか?A. 動画単体での応募はできません。資料に含める形であれば、可能です。その場合YouTubeなどに限定公開でアップするか、ご自身のクラウド領域にアップするなどし、資料にリンクを貼る形で提出してください。なおコンテスト当日は動画不可なのでご注意ください。
Q. 一次審査に応募できるファイル形式はなんですか?A. 説明資料本体、補足・追加資料を含め、すべてを1つのファイルにまとめて、PDF形式での応募をお願いします。最大ファイルサイズは15MBです。
Q. 実物を応募することはできますか?A. 実物は応募することはできません。実物がある場合、写真を資料に含めてください。
Q. 複数の部門に応募は可能ですか? また、ひとつの部門に個人で、もう一つの部門にチームで応募することも可能ですか?A. どちらも、可能です。
Q. 高校生と中学生が一緒に行っている活動は参加できますか?A. 代表者が高校生(または高等学校卒業程度認定試験予定者)であれば、応募可能です。
Q. 一次審査の際、応募アイデアについて、フィードバックはありますか?A. 一次審査で残念ながら落選した応募者に対し、審査委員による文章のフィードバックを送ります。(取りまとめに時間を要するため、送付時期は9月を予定)
Q. 高校内で配布できるPDFファイルはありますか?A. 右記よりダウンロードしてご活用ください。パンフレットPDFパンフレット画像(PNG)

2023年度のコンテストの様子と受賞応募テーマ一覧

1. サステナブルな社会づくりアイデア部門(学科テーマ)

  発表企画タイトルチーム名
金賞NFT Arts Piece of Peace (デジタルアートの活用による平和団体の活動資金援助システムの構築)NFT Arts Piece of Peace(広島県立広島叡智学園高等学校)
銀賞世果報(ゆがふ)-you got full- お洋服を売らないまちのお洋服屋さんゆがふ(八重山高校)
銅賞タッパーを使いフードロスと飢餓人口の削減をHAPPINESS(名古屋経済大学市邨高等学校)

2. サステナブルな社会づくりアイデア部門(企業テーマ))

  発表企画タイトルチーム名
金賞地引網から始まる、漁業の活性化「地引網で獲れたのは美味しい魚と僕の夢」地引網大隊《サイエンス・オブ・エンパイア》(近畿大学附属広島高等学校福山校)
銀賞非日常な日常をかもねむ(新渡戸文化高等学校)

3.サステナブルな社会を目指す活動・研究の実績部門

  発表企画タイトルチーム名
金賞金沢でオーバーツーリズムを起こさないためにKFSHS(金沢大学人間社会学域学校教育学類附属高等学校)
銀賞STEAMコースと科学部で育った私の探究心京橋川クリーンプロジェクトラボ(安田女子高校)
銅賞ピンクマスクデー 2023 in Nagahama虎姫高校ピンクマスクデー実行委員会(滋賀県立虎姫高校)

なお、今年度は募集部門が異なりますので注意。2023年度のコンテストの公式ページはこちらです。また、審査結果および写真レポートはこちらです。

コンテストへの応募

応募はこちらの応募フォームよりお願いします。

※フォームを通じたファイルアップロードをする関係で、GmailもしくはGoogle WorkspaceのEmailアドレスでログインする必要があります。

問い合わせ

お問い合わせはお問い合わせフォーム からお願いします。

主催

武蔵野大学工学部サステナビリティ学科