武蔵野大学 環境/サステナビリティに関連した学科での各種活動の記録です。
CATEGORY

学科教員の活躍

  • 2018年9月22日

金子和夫先生が朝日新聞でアンテナショップについてコメントしました

「地域再生プラン」担当の金子和夫先生が朝日新聞でアンテナショップについてコメントしました。 「地域再生プラン」授業概要(4学期、水曜日、4・5限、有明キャンパス4-301) 授業は、地域再生の考え方、実践的な手法、事例の3つで構成される。受講者は授業 […]

  • 2018年9月21日

「実践エコツーリズム」担当の壹岐健一郎先生のインタビュー動画

「実践エコツーリズム」担当の壹岐健一郎先生のインタビュー動画です。 「実践エコツーリズム」授業概要 健康な心と体を養いながら、持続可能な社会でのライフスタイルはどうあるべきか? 従来の座学と実習の断片的な組み合わせの授業を進化させ、旅先での集中講座( […]

  • 2018年8月12日

チーム”環境システム学科”

チーム”環境システム学科”の集合写真を、学科ホームページのトップ画像にしました。 https://www.musashino-u.ac.jp/academics/faculty/engineering/environmental_systems_sc […]

  • 2018年7月4日

「ローカルガバナンスのための学びと2030アジェンダ・SDGs」(地域デザイン学会 第4回ローカルガバナンスフォーラム)

8月4日(土)に東京都港区赤坂で地域デザイン学会 第4回ローカルガバナンスフォーラムが開催されました。 今回は環境システム学科の村松陸雄教授が共同代表をつとめる「未来の学びと持続可能な開発・発展研究会(みがくSD研)」と共催で「ローカルガバナンスのた […]

  • 2018年6月22日

未来の先生展2018に出展!

未来の先生展2018(9/15,16、聖心女子大学)に、村松陸雄教授が代表を務める未来の学びと持続可能な開発・発展研究会(みがくSD研)が出展します。本学環境システム学科の学生を含めた複数の大学の合同チームで開発した新発想のSDGsワークショップを提 […]

  • 2018年3月6日

一方井誠治教授の「新環境政策論」第10講

ケイト・ラワースの「ドーナツ経済学」-21世紀の経済学者らしく考える7つの方法- 「経済学」への真正面からの挑戦 世の中に「○○の経済学」と題された本は、数多く出版されています。その多くは、社会経済におけるある事象を取り上げ、それを経済学的視点から分 […]

  • 2017年12月30日

エコプロ2017同時開催セミナー「SDGsを活用して市民・企業・自治体で地域課題の解決」に環境システム学科教員が講演

約80人ものご来場を頂き、受講者による事後アンケートでも全体的な評価も良く、お蔭様で成功裡に終えることができました。 イベント名:エコプロ2017同時開催セミナー「SDGsを活用して市民・企業・自治体で地域課題の解決」 開催日時:2017年12月8日 […]

  • 2017年9月6日

一方井誠治教授の「新環境政策論」第9講

環境問題の本質とは 環境システム学入門講義での問い掛け 筆者が勤務している大学では、学部の環境システム学科に入学した新入生に対して、毎年「環境システム学入門」という科目が開講されています。そこでは、専任教員が、それぞれの専門分野を踏まえた最初の講義を […]

  • 2016年12月9日

ケイトリン・ストロネル先生がテレビ出演

本学客員教授で「環境英語入門」を担当されているケイトリン・ストロネル先生がテレビ出演されました。ケイトリン先生は、博士号をお持ちの研究者である傍ら、わが国の外国人女性2番目の神主さんでもあるのです。     番組の概要 番組名:所 […]

  • 2016年12月6日

一方井誠治教授の「新環境政策論」第8講

改めて「持続可能な発展」を考える ヨルゲン・ランダース教授の見通し 『2052』(副題「今後40年のグローバル予測」)という本が2013年に日経BP社から出版されています。著者はBIノルウェービジネススクールのヨルゲン・ランダース教授で、1972年に […]

  • 2016年10月6日

一方井誠治教授の「新環境政策論」第7講

『限界費用ゼロ社会』の衝撃   これまで、日本をはじめ現代社会は持続不可能な道を歩んでいるという強い懸念が先に立ってきました。しかし、最近読んだ『限界費用ゼロ社会』(写真)は、もしかするとそれとは違う未来があるのかもしれないという、小さな希 […]

  • 2016年9月6日

一方井誠治教授の「新環境政策論」第6講

ライフスタイルと社会経済システムの変革 [su_spacer size=”40″]いつの時代でも、現在が時代の転換点であるとの論調があり、未来は大きく変わっていくし、変えられるとの考え方があります。私自身は、まだその帰結を、確 […]