武蔵野大学 環境/サステナビリティに関連した学科での各種活動の記録です。
CATEGORY

研究

  • 2022年5月13日

明石准教授が土木学会第28回地球環境シンポジウムにおいて、地球環境論文賞を受賞(2021年9月29日)

受賞論文:アジアにおける温室効果ガス短期削減目標が2050年までのエネルギー投資に及ぼす影響 受賞者:大城賢(京都大学)・藤森真一郎(京都大学)・長谷川知子(立命館大学)・明石修(武蔵野大学) 登載誌:土木学会論文集G(環境)76 巻 5 号 p. […]

  • 2021年7月1日

有明キャンパス屋上で行われている養蜂での蜜源の解析

ミツバチは自身や幼虫の餌として炭水化物のハチミツだけでなく 主にタンパク質摂取ができる花粉も集めています。 花粉にはDNAも含まれていて、それが持つ遺伝情報を解析すると ミツバチが訪問する蜜源植物がわかります。 この解析で本学科の環境プロジェクトで行 […]

  • 2020年10月13日

「サステナビリティ・トランジションに求められる人材像とその育成手法」オンライン研究会

環境システム学科の村松陸雄教授を代表をつとめる研究会で、本学客員准教授の森朋子先生が登壇される研究会を開催されます。興味ある人は奮ってのご参加をお待ちいたしております。 テーマ: 「サステナビリティ・トランジションに求められる人材像とその育成手法」 […]

  • 2019年12月9日

「エコプロ2019」に出展しました

12月5日(木)から7日(土)まで東京ビッグサイトで行われている「エコプロ2019~持続可能な社会の実現に向けて」にて、武蔵野大学ブースが大学・教育機関コーナーで出展しました。 環境システム学科の学生・教員、しあわせ研究所研究員、千代田高等学院の生徒 […]

  • 2018年9月15日

日本建築学会 環境心理小委員会人類学的アプローチWG 拡大研究会

村松陸雄環境システム学科教授のコーディネートのもと、武蔵野大学 環境研究所客員研究員の早川公先生(大阪国際大学経営経済学部経済学科准教授)の講演会を盛会にて終えることができました。 「活発な議論は講演会後の懇親会(飲み会)まで続き、箸の袋にメモをとり […]

  • 2018年7月6日

「環境経済学」の教科書を出版しました(一方井誠治教授)

環境システム学科の専任教員の一方井です。この6月に新世社というところから「コア・テキスト環境経済学」を出版しました。 この本は、同社の「経済学コア・テキスト&最先端」という経済学シリーズの第16巻にあたるものです。私が学部で担当している「環境経済学1 […]

  • 2018年7月3日

学会発表(日本地球惑星科学連合2018年大会参加)

5月20日〜24日に千葉県千葉市の幕張メッセにおいて、日本地球惑星科学連合2018年大会(JpGU2018)が開催されました。環境システム学科教員の田所裕康が参加しました。 この連合は、ざっくり言うと、地球や惑星にかんして研究している50以上の学会が […]

  • 2017年7月20日

教員が独自に管理する研究室一覧

教員が独自に管理する研究室一覧 明石修研究室 田所裕康研究室 村松陸雄研究室 [su_spacer] 環境システム学科NEWS 環境システム学科ポータルサイト 環境プロジェクトオフィシャルサイト