武蔵野大学 環境/サステナビリティに関連した学科での各種活動の記録です。

「EUの現役官僚から直接SDGsを学ぶ英語授業」を開講します

「EUの現役官僚から直接SDGsを学ぶ英語授業」を開講します。


2019年7月

担当教員:一方井誠治教授(環境システム学科/大学院環境学研究科長)

(概要)
環境システム学科では、2019年度の武蔵野大学インターナショナル・レクチャーズの一環として、「持続可能なグローバルビジネスにかかる欧州連合の政策(EU Policies for Sustainable Global Business)」を開講します。

講師はEUの現役官僚で、このテーマでの日本の講義は初めてのものとなります。企業にとっても、国、自治体にとっても、市民にとってもこのテーマは今後の社会経済において必ず関係してくる重要なものです。

講義はすべて英語ですが、事前にパワーポイントの資料を配布して下調べができるようにする予定です。また、必要に応じ、一方井が日本語での解説も行う予定です。現在のところ環境システム学科を中心に、法学部、グローバル学務を含む25名の学生が参加の予定です。

すでに履修登録は終わっていますが、聴講を歓迎しますので、本講義に興味のある学生さんは自由に教室にお越しください。

開講科目名:
International Lectures 2 (Env_B)

開講日時:
7月25日(木)、27日(土)、29日(月)、30日(火)の4日間、
いずれも1,2限、ただし、30日のみ6,7限

講師:

Dr. Eric Ponthieu

EU社会経済員会 農業・地域開発と環境担当ユニット長
リール科学技術大学博士(物理化学)1993年

場所:1号館502教室(ただし、27日(土)のみ1号館509教室)

講義内容:
Lectures 1 and 2: The 2030 SD Agenda: EU approach (Lecture 1 will contain at the start some explanation about the EU and its institutional functioning)
Lecture 3: The EU Action Plan on Circular Economy
Lecture 4: Towards sustainable food systems
Lecture 5, 6 and 7: The EU efforts to meet the Paris Climate Agreement + The engagement of civil society in reducing climate emissions
Lecture 8: Towards sustainable consumption