東京都「ECO-TOPプログラム」

「ECO-TOPプログラム」とは

自然環境の保全を推進するために、自然環境分野で幅広い知識を有し、アクティブに行動できる人材を、大学、企業、NPO、行政が連携して育成し、社会に送り出していくためのしくみで、東京都による自然環境保全のための人材育成・認証制度です。

自然環境に軸足を置いたゼネラリストを育成

「ECO-TOPプログラム」は、大学での30単位以上のカリキュラムと4単位以上のインターンシップから構成され、東京都庁など企業・NPO・行政すべてにおけるインターンシップで様々な業務を実践的に経験することにより、実質的な調整力や判断力等が身につきます。 また、このプログラムの認定を受けている他大学との交流会や合同発表会などの貴重な機会を得ることができます。

認定プログラムのある大学一覧

武蔵野大学、首都大学東京、東京薬科大学、玉川大学、桜美林大学

関連サイト

東京都「ECO-TOPプログラム」公式サイト https://eco-top.metro.tokyo.lg.jp/
資格課程履修ガイド https://risyuyouran.musashino-u.ac.jp/faculty/kougakubu/certification-kougakubu/eco-top-program/

「ECO-TOPプログラム」パンフレット https://eco-top.metro.tokyo.lg.jp/download/files/eco-top_pamphlet2021.pdf

 


エコプロ2018で用いたパネル

武蔵野大学|環境/サステナビリティ|トピックス

2018年11月25日(日)にECO-TOPプログラム認定大学(武蔵野大学、首都大学東京、玉川大学、千葉大学、東京農工大…

>サステナブル社会構築のための変革者を求む!

サステナブル社会構築のための変革者を求む!

2030年にSDGs(持続可能な開発目標)の達成、2050年カーボンニュートラルの実現、誰一人取り残さない社会をつくる、等々、どんなに素晴らしいビジョンでも実現できなければ単なる”絵に描いた餅”です。これらのビジョンを含めたサスティナブルな未来を実現するためには、前例や常識を打破し社会の仕組みを抜本的にトランスフォームする必要があります。わたしたちと一緒に、持続可能な社会の構築を先導する真の変革者を目指そうではありませんか!

武蔵野大学のサステナブル社会実現のための 学びの共同体(ラーニング・コミュニティ) がみなさまの参画をお待ちいたしております。

CTR IMG